イラスト

イラストが売れるコツは○○!【結論:コンセプトとマーケティングが大事】

 

悩む女性
ネットショップでイラスト販売を始めたけど全然依頼がこないわ! 売れるようもっと練習しないといいのかしら…?

 

イラストが得意で副業に挑戦してみたものの、ぜんぜん依頼が無くて自信喪失

でもその本当の理由は誰も教えてくれないからなかなか核心をつけずにもんもんとしてしまうこともありますよね…。

 

悩む女性
何か売れるイラストレーターになるコツってあるのかしら!

 

 

こんな方におすすめ

  • 個人でイラストレーターとして活動していくなかで売れるコツを知りたい

 

 

未経験から副業イラストレーターとして毎月5万円程の収入を得ることが出来た私の結論はこちらです!
よんはち

 

結論

  • 個人で売れるイラストレーターはコンセプトを持つことが大事
  • 売れるイラストを考える際にはマーケティング思考を取り入れ、データの分析改善を行っていく

この結論に対して例を交えながら解説していきますね!

 

▼売れるイラストとはニーズに対して価値の提供ができるということ!

 

世の中にはイラストと言っても、様々なタッチや画風が、ありますよね!

 

売れるイラストがなかなか描けないと悩む方はまず、画力の向上に着手しがちです

ヘタだから売れないと考えます

 

もちろんある程度の画力は必要ですが、例えばこんな例を見てみましょう。

 

<例>

めちゃくちゃ精密に描かれた油彩のような似顔絵が10000円で売っていた場合

Aさんはゆるかわな下手うまな雰囲気が好き!だから油彩風にはあまり魅力を、感じないなあ

Bさんはヨーロピアンな絵画が大好き!同じように描いてくれるなら買いたい!

 

いかがでしょうか?

売れるということは、ニーズに対した価値が提供できるということであると感じると思います!

 

例のようにイラストが上手いからと言って技術の向上と共に、売れるイラストになるというわけではないのです

 

▼売れるイラストとしてコンセプトを考える

 

個人のイラストレーターとして活動するにあたり、売れるイラストレーターはどちらでしょうか?

 

<例>

Aさん:色々なタッチのイラストが、そこそこうまく描ける

Bさん:色々なタッチは描けないが、得意なタッチがある

 

私の答えはBです!

個人として活動するなら、差別化がとっても大切です!

 

ここで個人として活動するにあたりランチェスター戦略という思考が役にたちます!

引用:

 

今世の中は検索すれば、お客さまに必要なイラストレーターさんにマッチしやすい時代です!

お客様からみたなかのあなたは数多いるイラストレーターのひとり

お客様はそのイラストレーターさんの中で必要な方に依頼をします

 

つまり売れるイラストレーターさんはこれ!と言える商品を押さなければうもれてしまうのです

 

そこでまず考えるべきは、あなたはどんなイラストレーター(コンセプト)かを言えるといいと思います

 

私はお花を中心に上品でちょっとリッチなイラストレーターとして、油彩のようなタッチの女性向けイラストをお届けしています♪
よんはち

 

上記のようなコンセプトのイラストを発表したり、公言していることで私にご依頼してくださるお客様のなかに、漫画タッチで!と頼む方はいません

コンセプトがしっかりしていると、繋がりたいお客様(自身の絵柄に合うイラストをご依頼してくれる方)と繋がることが出来るというメリットもあります

 

せっかく個人として活動するなら、得意な絵柄・好きな絵柄でお仕事したいですよね♪

 

▼売れるイラストを考えるために必要なことは、マーケティング

 

売れるイラスト=売れるための仕組(=マーケティング)が出来ているイラスト

と言い表すことが出来ます

 

個人で活動し始めたイラストレーターさんにとっては聞きなじみのない無縁なキーワードのように感じますよね!

 

マーケティングといっても理論は様々ありますが、まず私が参考にしたものはAISASの法則というものです。

 

認知

関心

検索

行動

共有

 

難しく考えず自分が、何かを購入する時の行動を、思い描いてみてください^^*

 

悩む女性
案外当てはまってるわね、、!

 

この理論を例えばSNSでイラストを発信しているイラストレーターで考えると、

 

認知:タグなどでイラストをお客様に発見してもらう

関心:フォローしてもらう

検索:イラストやイラストの実績などを見てもらう

行動:購入する

共有:購入したイラストを紹介する

→他のお客様の目にとまる機会が増える

 

というイメージになります!

全体像をつかんでいるのといないのでは大きな差があります

 

最初の壁は「認知」の段階であるといえます

どれだけいい商品があっても、お客様に伝わらなければ意味がありません

練習だけではなくどんどん発信していくことが重要です!

 

私はまずはインスタグラムを発表の場に選びました♪アイコンに使えるようなおしゃれなイラストを目指していたのでその点を踏まえインスタグラムで発信を始めました!

 

また、私は最初は本でこちらの理論を勉強しましたが、現在は女性起業の応援をされているcolettoさんのマーケティングの「神レシピ」でさらに深くマーケティングについて勉強しています!

 

神レシピ 詳しくはコチラ

 

本は手軽でよいのですが、デメリットは疑問に対して自分で調べなければいけないこと!

その点こちらの「神レシピ」を購入すると毎月勉強会があって疑問点の解消をプロから聞くことが出来るのです♪

 

▼売れるイラストは1日にしてならず!データを確認しトライandエラー

 

自分のイラストのコンセプトや、発信の場を決めたらデータを取って施策と改善を繰り返していきましょう!

 

お客様の反応は実際に行動しないと得ることが出来ません

私はインスタグラムを使用しているのでbusinessアカウントにし、インサイトを確認しています。1か月に1回は内容を確認し、何か出来ることはないか考えながら運営しています

 

注意ポイント

注意:インスタグラムのインサイトでは具体的にどのような人が何をしたかまではわかりません。あくまで目安として確認するようにしましょう。

 

▼まとめ

結論

個人で売れるイラストレーターはコンセプトを持つことが大事

売れるイラストを考える際にはマーケティング思考を取り入れ、データの分析改善を行っていく

 

-イラスト

© 2021 アラサー女子の副業からはじめる「働き方改革」 Powered by AFFINGER5